町の屋根屋さん

冒頭の言葉は、地域に根差して事業を拡大し、地元を愛し地元から愛された、とある企業のスローガンです。これには「精一杯且つ丁寧に、自分たちのできることを行い、自分たちを育ててくれた土地への恩返しがしたい」という強い思いが溢れています。きっと、屋根修理・工事に関わる職人たちも「屋根に関することなら、あそこに相談してみよう」と町の人から頼られることが、誇らしいのだと思います。

インターネットが普及した今では、大手企業に即座にアクセスできるようになったせいか、なかなか地元で地道に活動している屋根工事の職人たちと関わる機会が少なくなってきているのかもしれません。しかし、出来ればもっと地域に目を向けてもらえたらという願いから、いくつかの心温まるエピソードを紹介させていただけたらなと思います。

雨漏りや瓦が落ちてしまったなどの突然のトラブル、そんな困った状況を救ってくれるのはすぐに駆けつけてくれるフットワークの軽さと、施工した家のアフターケアが行き届いた、町の屋根屋さんたちなのではないでしょうか。

もしかすると、多くの人が持っている彼らへの印象は「昔気質で頑固者の職人たち」であるかもしれません。しかしそれらはあくまでもイメージに過ぎません。少なくない数の屋根職人たちは常に自分たちの当たり前を疑っています。自分たちの作業における常識が、人に迷惑を与えていないかどうかに目を光らせているのです。

「施工主やその周りにいる人たちに与えるストレス」「顔見知りでない職人たちが行き交うことで感じる不安」「工事音や粉塵などに対し、如何に対策するか」

このような細やかな気遣いこそ、仕事ができることへの感謝があって、それが成果へと繋がるのではないでしょうか。