屋根のお医者さん

自宅の屋根を修理しようと決心を固めようにも、どこか遠い距離のある世界にも思えるかもしれません。しかし意外と身近な問題でもあります。例えば、雨漏りを例に出してみると、その数は決して少ないものではありません。そして、その原因は多岐に渡り、元となっている要因の究明も難しいです。

まずは建築時の不十分な施工が原因ともなります。雨仕舞い(雨水を誘導し、地面や雨桶などに流す作り)が、きちんと備え付けられていなかったり、防水のためのコーキングがされていないなどです。こうした水対策不十分であると、カビや壁の剥がれを引き起こし、住宅の状態はすぐに悪くなります。

あるいはスレート屋根(セメント等で加工した、堅牢で薄い板状の屋根材)を押さえつけるために取り付けられた“棟板金”が浮き上がることで、その隙間から雨水が侵入することもあります。

また昔から屋根工事に使われる漆喰も崩れとヒビが入ることで、徐々に脆く崩れていきます。住宅が保つ和の雰囲気をより良く見せる効果がありますが、突風によって、ひび割れを起こしやすいのです。勿論そうした部分からも浸水は始まります。

このように、雨漏りという症状を一つ取り上げても、様々な原因が挙げられますが、注目すべきはその「起こりやすさ」ではないでしょうか。ご紹介した幾つかの原因は、風や雨など防ぎようもなく、普通に住んでいるだけでも十分に起こり得ることなのです。そんな中、今後必要となってくるのは、もし問題が起こった場合に気軽に相談できる屋根のプロフェッショナルたちの存在です。言うなれば「屋根のかかりつけのお医者さん」ではないでしょうか。以下では、全国で活躍される彼らを巡る物語を紹介したいと思います。