カラーベスト“について

屋根工事について調べてみると、よく“カラーベスト”という言葉が見られます。これは元々、とある会社の建築メーカーのブランド名でしたが、いつの頃からかスレートの代名詞として使われるようになりました。(スレートとは、セメントやけい砂等を原料として、それらを繋ぎ止める繊維によって、薄くそして固く作られた屋根材のことを指します)

このカラーベストは、今までは新築からおよそ10年経って、塗装が劣化していきました。しかし現代では、色褪せなどはほとんど見られず、あるメーカーの調査によると、30年相当にも及ぶ耐久テストにクリアするほど品質の向上した製品が市場に現れるようになりました。お家のカラーベストの品質については、住宅メーカーなどに確認しておいて損はないと思われます。

もしも、カラーベストが色褪せてしまった場合は、塗装と葺き替えという2つの対策が挙げられます。塗装の場合、上塗りが終わった最後の段階で「縁切り」という作業が必要不可欠となります。これは塗装によって、カラーベスト同士のつなぎ目に詰まった余分な塗料を落とすといった作業です。この作業を怠ってしまうと、雨漏りを起こす原因ともなりますので、絶対に行ってもらうようにしたほうがいいででしょう。

屋根を新しく替える葺き替えよりも、塗装だけのほうが安価で済むとお考えになる方が多いかもしれません。しかしこれも一概にどちらが良いと決まっているものではないので、よくよく注意をする必要があります。将来、家を引っ越す可能性などを考慮すれば、30年で全ての屋根を取り替えるよりも、10年に一度塗装するほうが安価な場合もあります。近年、技術の革新により屋根材の種類も豊富になってきました。色褪せに強いもの、騒音の軽減に特化したものなど様々ですので、一度調べてみると良いかもしれません。